動画 8.4活動いろいろ

 昨夜、ちょっと愚痴を書き込みましたが、サマーキャンプを40日間開催していると、各コースの参加者によって個性がいろいろあります。ふうき自然塾のキャンプの活動方針、自由にのびのびとやりたいことを探しながら活動をしていると、キャンプ前半は結構いろいろと日常との違いから、子ども達は戸惑うことが多いです。決められたことをやることに慣れている世の中ですので、急にやりたいことをやる、考えて行動する、と言われてもはじめ子ども達は?はてなの連続になります。聞くことに慣れてしまっているので、何をするにも許可を得にきます。その都度私は、考えようぜと伝えます。それを少し理解するのに4日ほどかかります。
 2回目3回目の参加者はそこを理解していますので、最初からただいま〜と言う感じでやりたいこと、たまっていたやりたかったことを見つけて遊びはじめます。それにつられて初めて参加の子ども達も少しずつ自発的に活動をはじめます。4日目の今日はそれがよくわかる1日でした。たった1日ですが、昨日と今日とでは、子ども達の様子が大きく変わり、明日からが楽しみになりました。と同時に、探していたパンツが見つかり(笑)、散らかっていた棚を自発的に片付けたり、今回のキャンプも良い方向に変わっています。親御さんの元を離れて過ごす1週間、お互いに長いと思います。長いキャンプだからこそ、いつもと違う環境、いつもと違う感じ、おいしいご飯をお腹いっぱい食べて、早寝早起きして日々の活動に取り組み、子ども達が心の底から楽しめるそんな活動を心がけています。
 ようやく夏が来たなと思いましたが、明日からは天気図とにらめっこの後半になるかもしれませんが、最後まで子ども達が楽しめるように頑張っていきたいと思います。